DeutschEnglish简体中文(中国)JapaneseItalianFrenchEspañolRussianArabic (العربية الموحدة)
創立者について

アンドレ・パープメール(André Papmehl

イタリアで育ち、ロイトリンゲンおよびロンドンのESBビジネススクールでヨーロッパ経営学を学ぶ。得意言語および母国語はドイツ語、英語、イタリア語。人事部長ならびにプロジェクトマネージャーとして多年にわたる国際的な実務経験を持ち、組織開発、人事管理、顧客志向に重点的に携わる。自ら経営するコンサルティング企業設立前は、ドイツアマゾンの人事部長を務める。

それ以前はドイツ大手企業であるダイムラー社、ロバート・ボッシュ社の役員として、またドイツ中規模企業グループ(従業員約6,500人)において世界的人事の取締役として勤務。経営者、ソーシャルパートナー(雇用者・被雇用者双方の協調体制組織)、従業員共同の長期的変革および革新の形成において国際的な実務経験を持つ。またトレーニング、司会、成人教育(SNPプログラム、北西スイス専門単科大学等)の領域でも多文化における包括的な経験を持っており、公認の経営指導エキスパートおよびマネージメントトレーナーでもある。

革新的なマネージメントをテーマにした多数の著書があり、1990年代以降は学術面において、また実務面でも必読の書となっている。人材育成・組織開発が、企業「パープメールマネジメントコンサルティング」のコア・コンピタンスである。